ホーム>スタッフブログ>2017年4月

2017年4月

スクエア(TVフォールド)

 

chief(チーフ)の基本①でも登場したように、チーフには様々な折り方があります。

今回は簡単で、ビジネスを始め様々なシーンで使える折り方をご紹介します。

 

2017220132414.jpg

 

スクエア(TVフォールド)

とてもシンプルで清潔感のある折り方。ビジネスシーンではこの折り方がまず間違いないでしょう。

少し改まったパーティや、重要な会議や接待、目立たず落ち着いた印象を与えたい日等に。

ビジネスではホワイトが良いですが、カジュアルジャケットの場合刺し色として少し覗かせるとお洒落です。

ちなみに、ニュースキャスターがこの折り方でよくテレビに出ていたためこのような呼び名になったそうです。

 

折り方

20169201768.jpg

_______________

 広げた状態から半分に

一回折ります。

201692017636.jpg

_______________

さらに半分に折り

正方形になります。

2016920165248.jpg

_______________

両端を三分の一ほど折り

ポケットの幅に合わせます。

 

2016920171428.jpg

_______________

下の部分を少し折り

ポケットの深さに合わせます。

2016920171448.jpg

_______________

反対に向けます。

2016920171510.jpg

_______________

ポケットに入れ完成です。

あえて上下を反対に差し込むと、

  きちっと折られたスクエアとは違い

  少し華やかでくずした雰囲気になります。

  好みやシーンに合わせて使い分けて下さい。

 

スクエアに向いているチーフは、麻や麻混等堅めの素材です。

  シルクは綺麗ですが、柔らかいのでスクエアに折りにくいです。

 

チーフの商品ページはこちら

セラピアン

当店で取り扱っているセラピアンのバッグのご紹介です。

201721418839.JPG

 

Serapian computer case single zip  ¥171,720-

まだ日本ではあまりメジャーではないブランド「セラピアン」

プラダやルイヴィトンのOEMを手掛けていたブランドで熟練の職人によりイタリア国内のみで作られている。

フランクシナトラが愛用していたことでも有名で、現在では各国のセレブリティに愛用されています。

使い心地、デザイン、質感、全てにおいて申し分なしの一押しのブランドです。

 

2017422155622.JPG

 

付属品にショルダーも付いているので2wayでお使いいただけます。

中の収納も豊富で、バックの名前の通りコンピューターも入れられます。

 

セラピアン コンピューターケース シングルジップ ¥171,720-

 

ワンランク上のバッグを是非その手にいかがでしょうか。

 

スリーピークス

chief(チーフ)の基本①でも登場したように、チーフには様々な折り方があります。

今回は、最もチーフを必要とするフォーマルシーン向けの折り方をご紹介します。

 

2016920165031.jpg

スリーピークス

三つきちんと揃った剣先は格式高い印象を与えてくれます。

結婚式やパーティー等で、真っ白で丁寧に折られたチーフの胸元を見ると

とてもしっかりとしていて良い方なんだなというイメージを受けますね。

二次会等の少しリラックスした場ではドットやストライプといった色柄物もお洒落です。

スーツやネクタイやシャツの色とのバランスを考えて、あまり派手になりすぎないようにするのが良いと言えます。

折り方

20169201768.jpg

_______________

広げた状態から三角に折ります。

なるべく綺麗に重なるようにします。

201692017636.jpg

_______________

左の角を持ち、右の角に合わせ

更に三角に半分に折ります。

2016920165248.jpg

_______________

右下の角を上の角に合わせ

更に三角に折ります。

 

2016920171428.jpg

_______________

上の三つの角を少しずつずらし

間隔を均等にしバランスを整えます。

2016920171448.jpg

_______________

下の部分を、写真のように

ポケットの深さに合わせて折ります。

2016920171510.jpg

_______________

右の角を、写真のように

ポケットの幅に合わせて折ります。

 

2016920172256.jpg

_______________

裏返して形を整えて完成です。

201692017243.jpg

_______________

形が崩れないよう、ポケットに。

2016920173829.jpg

_______________

折り方の向きを間違えると

逆に向いてしまうので要注意。

 

 

①の時に角をしっかりと合わせることによって綺麗な三角が三つ出来上がります。

ポケットに入れる際、慣れるまでは入れにくいかもしれませんが

慣れてしまえばスムーズに綺麗なスリーピークスを作ることができます。

 

チーフの商品ページはこちら

tie(ネクタイ)の基本①

2016927141540.jpg

201692714198.jpg

ネクタイといえば、ほとんどの方が同じものを連想するのではないでしょうか。

スーツスタイルにおいて、ポケットチーフよりもメジャーなアイテムですね。

その色や柄は様々で女性からのプレゼントとしてもよく選ばれています。

ネクタイの起源

201692714612.jpg

ネクタイの起源で一番有力と言われているお話しをご紹介します。

時代は17世紀まで遡ります。ヨーロッパで起きた30年戦争の頃に

ルイ13世を守るため、パリへと入城したクロアチア兵士たち。

そのクロアチア兵士の軍装が首に美しいスカーフを巻くというスタイルで

闘志を表し、とても勇ましく男性らしく、それは美しいスタイルでした。

201692714510.jpgのサムネイル画像

もともとは寒さをしのぐため等の理由からと言われていますが、

このスタイルがお洒落に敏感なルイ14世の目にとまったのでした。

ルイ14世はすぐにお抱えのテーラーに最高級で同じものを作らせ、

装飾品として身に付け始めました。

ネクタイはフランス語で「Cravate」(クラヴァット)と呼ばれていて

ルイ14世が側近に「あれは何だ?」と質問したところ、側近が

兵士のことだと勘違いし「あれはCravate(クロアチア人)です」

と答えたのをきっかけにそう呼び始めたと言われています。

ルイ14世が装飾品として付け始めたのがきっかけで、Cravateはヨーロッパ全域に広まっていきました。

ちなみに日本にネクタイを持ち帰ったのは、幕末に米国から帰国したジョン万次郎でした。

 

ネクタイの商品ページはこちら

chief(チーフ)の基本①

2016919165459.jpgのサムネイル画像

まず初めに。

チーフとは、一般的には「ポケットチーフ」又は「ポケットスクエア」と呼ばれている代表的なメンズアイテムの中の一つで、最近ではお洒落なスーツスタイルには欠かせないアクセサリーです。特に、結婚式やパーティー等のフォーマルウェアにはほぼ必須です。そのルーツを辿っていくと、真っ白のチーフがフォーマルウェアに必須になったのは19世紀頃になるそうです。その後、主にイタリアやイギリスでスーツファッションが広まり、真っ白のみだったチーフもだんだんと多様化しカジュアルウェア用の様々な色柄が登場するようになりました。

201691917622.jpg 20169191770.jpg 201691917750.jpg 2016920164835.jpg

その折り方は様々な種類があり、シーンによって使い分けるのが良いでしょう。

写真のようなスリーピークスという折り方は、主にフォーマルシーンで使用される折り方です。

他に、ビジネスシーンでは四角に折るスクエア(TVホールド)や三角に折るトライアングル(ワンピーク)

カジュアルシーンではあえて無造作にポケットに入れたように見せるクラッシュドやパフド等があります。

 

折り方を覚えて、普段のファッションに是非活用しましょう。

 

チーフの商品ページはこちら

はじめまして。

はじめまして。竹村商店です。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、メンズアイテムについての

知識やアドバイス等を更新していきますのでよろしくお願いいたします。

当サイトを通して、高品質なスタイルをより多くの方へ提案できるよう、

内容の充実を図ってまいりますので是非ご期待ください。